たばこメーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> たばこメーカーへの転職

たばこメーカーへの転職

たばこ税が増税され、公共スペースで喫煙できるところも少なくなってきています。このように喫煙に対しての世間の風当たりは確実に強まってきているといわれています。そのような中で、たばこメーカーに転職することは果たしてプラスなのでしょうか?確かに禁煙への風潮が強まってきています。このため、たばこのマーケットは今後急速に拡大するのは期待できないかもしれません。縮小する可能性はあるかもしれませんが、一方ですでに大規模なマーケットに成長している側面もあります。

日本は中国、アメリカ、ロシア、インドネシアについて世界でたばこの消費量の高い国といわれています。日本の場合、大体2500万人程度の喫煙者がいるといわれています。縮小傾向にあるとはいっても、かなりの市場規模であることはこの数字を見ればお分かりのはずです。そして日本人の喫煙者の傾向を見てみると、一度銘柄を決めてしまうとなかなか変えない層もいます。しかし一方で、いろいろな銘柄を試してみる層もそれなりに確保されています。ですから、各たばこメーカーとも、新製品を発表してこの固定層ではない喫煙者の取り込みを行っています。数年に1回くらいのペースで、各たばこメーカーとも新製品を発売している傾向があります。

そこではまずは、これだけ新製品が早いサイクルで販売されているので、その周知徹底をする必要があります。せっかくいい商品を発表しても、それが世間に届かないようであれば意味がないからです。そこで宣伝や営業の方に力を入れているたばこメーカーが多いようです。宣伝や広報、営業といった方面で今後活躍していきたい、すでに実務経験を持っている人はたばこメーカーの求人情報をチェックしてみましょう。

たばこの問題として、喫煙者はその危険を認識して吸っている分には問題はないかもしれません。ところが受動喫煙といって、喫煙者の周りの方もたばこの煙を吸うことで健康被害が生じる問題が指摘されています。そこで最近のたばこメーカーでは、このような受動喫煙による健康被害が起こらないような対策を進めているところが多いです。たばこの煙などを研究して、たばこによる健康被害を提言するためにはどうすればいいかの研究を行っています。そこで、研究や商品開発ができるような専門性の高い人材に対するニーズも高まりを見せています。生物学や化学といった分野の専門家を集めて、研究チームを構成しているたばこメーカーもたくさんあります。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.