鉄鋼メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 鉄鋼メーカーへの転職

鉄鋼メーカーへの転職

鉄鋼メーカーとはその名の通り鉄鋼を作る会社です。鉄鋼は建築、自動車などの日本の主要産業はもちろん、その他複数の産業と密接な関係があり、他の産業に与える影響はトップクラスと言っても過言ではないでしょう。日本の主な鉄鋼メーカーは王子製鉄、日本金属、日本重化学工業、愛知製鋼、神戸製鋼などです。

さて、鉄鋼メーカーの志望動機を考えるにあたっては、まずは鉄鋼業界がどんなところなのかを知る必要があります。鉄鋼業は産業のコメとも呼ばれる製造業の中枢を担う産業で、土木、建築、自動車、鉄道など幅広い分野と関連があります。 鉄鋼業は大量消費用の銑鉄を作る製鉄業と、高機能な鉄鋼を作る製鋼業に分けられます。かつての日本では前者が主流でしたが、最近は後者も盛んになっています。

日本の鉄鋼業は主原料となる鉄鉱石や原料炭を海外から輸入しているため、その基盤は強固とは言えません。鉄鋼業界に就職したいと思うなら、このような鉄鋼業界の現状についてもよく知っておくことが肝心です。現状が分かれば現状を変えるためのアイデアが出てきます。それを志望動機に落とし込めば、秀逸な志望動機の出来上がりです。 さて、次に鉄鋼業界の年収についてです。鉄鋼業界の平成24年の平均年収は580万円です。他の産業と比べて、それほど差はありません。勤続年数は16.1年で、かなり長い間安定的に働ける業界であるといえるでしょう。

さて、最後に鉄鋼業界の将来性についてです。近年の日本の鉄鋼業界は苦境続きで、円高、過剰供給に伴う価格下落などにより、鉄鋼業界にとっては苦難の時が続いていました。 それでも最近は円高が解消されつつあることなどにより、鉄鋼の需要は再び増加し始めています。特に中国やインドネシアなどの新興国では需要が旺盛です。そのため、どこの大手企業も海外への進出を我先にと行おうとしています。特に需要が高いのは中国。中国の現在の自動車生産台数は約2000万台で、これは米国と日本の再選台数を合わせたものとほぼ互角です。これだけ需要がある市場に進出するのは企業としては当然ですが、そこで働く人からすれば将来的に海外にいかされることになる可能性が増えていくということでもあります。

海外で働きたいと思っている人はそれでもいいかもしれませんが、海外で働きたくないと思っている人にとってはそれは避けたいものです。転職の前には、海外勤務のリスクについてもよく考えておきましょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.