文房具メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 文房具メーカーへの転職

文房具メーカーへの転職

パソコンやタブレットをはじめとして、今ではデジタルが中心になってきています。ところがこのようなデジタル時代にもかかわらず、文房具の売れ行きが良くなってきているといわれています。なぜ文房具の売れ行きが好調化というと、アイデア商品がどんどん販売されていることが原因といわれています。文房具というと、今では100円ショップでも手軽に購入できるものが多いです。100円ショップで販売されている商品は、海外で生産されています。国内よりも圧倒的に安い価格で製造できます。

そこで国内の文房具メーカーでは、価格の安さではなく、品質や機能で勝負するようになったといいます。その結果、経済産業省の統計を見ても、2009年にペン類は990億円の出荷額だったものが、2011年には1085億円にアップすることに成功しています。ペンのインクをこするとその摩擦熱によって、インクが消えるペンとか色が濃いので履歴書を作成するのに適したペンなど、アイデアでヒット商品になるものも出てきています。

また文房具メーカーの中には、アナログ文具と電子文具の開発部門を統合しているところも出てきます。文房具メーカーでは、デジタルとアナログの融合をするための色々な工夫が施されています。たとえば、メモ帳に書いた情報を撮影して、スマートフォンに記録できるような商品も出てきています。しかもどこから撮影をしても、正面から撮影したかのように表示できるところが人気です。

このようにこれからは、デジタルとアナログがどうコラボしていくかということも課題になってくるでしょう。その他にも、クールビズという言葉が広く浸透してきています。その結果、オフィスが一昔前と比較するとよりカジュアルな雰囲気に変わってきています。このため、そのカジュアルな雰囲気にマッチした文房具へのニーズも高まってきています。おしゃれなデザインをした文房具もいろいろと販売されるようになってきています。

文房具メーカーでは、好調な業績を反映して、中途採用者を積極的に採用しているところも出てきています。転職を希望するのであれば、柔軟性が要求されてくると思ってください。上でいくつかヒット商品を紹介したことでも分かるように、現在では少し視点を変えた商品が人気になる傾向があります。このため、「文房具とはこうだ」といった固定観念を持っていると、なかなか新しい時代に対処できないです。柔軟性を持っていることをいかにアピールするか、ここに転職活動成功のカギがあるといえます。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.