スポーツメーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> スポーツメーカーへの転職

スポーツメーカーへの転職

スポーツメーカーへの転職を検討している人はいるでしょうか?スポーツメーカーというのは、もともと業界の規模がそれほど大きくはありません。このため、ビジネスをしている会社の数が少ない傾向があります。しかもスポーツメーカーの業界の中では独特の専門的な知識が、ビジネスをする上で必要といわれています。このため、異業種転職は結構厳しい業界であるといわれています。しかしそれでもどうしてもスポーツメーカーに転職をしたいというのであれば、いくつかの職種で求人情報が出ています。この情報を収集して、自分でもできるような案件はないか確認をしましょう。

スポーツメーカーの求人としては、商品企画やバイヤーの求人が出ています。また商品の販売計画や原料の仕入れ、在庫管理の役割を担うマーチャンダイザーの募集が出ていることもあります。その他には、マーチャンダイザーの立案した販売計画に基づき、生産計画を作成して、生産ラインの監督をする生産管理の求人情報が募集されていることもあります。そしてスポーツメーカーの中では、比較的多く募集されている職種として営業スタッフの募集があります。

百貨店やスポーツ用品の量販店のようなスポーツ用品を置いてくれる店舗を回って、ブランドセールスをするスタッフを募集しているケースもあります。営業スタッフになるためには、スポーツ用品のマーケットについて熟知していることが条件となることが多いです。そこで、やはりスポーツ関係の業界で業務経験を持っている人がメインのターゲットになります。異業種転職は確かに厳しいですが、それでもアパレル関係のメーカーで営業の経験を持っている人であれば、採用される可能性もあります。

スポーツメーカーを見てみると、国内系のメーカーと外資系のメーカーが色々とあります。両者を比較してみた場合、海外のメーカーの方が市場の中ではやや優勢ではないかといわれています。海外メーカーの商品を見てみると、デザイン性の高い商品が多いといわれています。最近では、健康志向が日本人の間で高まってきていて、スポーツ用品を購入する人も増えてきています。そこでヨガやジョギングに特化したような衣服が、人気になりつつあります。このような商品をいかにセールスできるかが、今後のスポーツメーカーでは求められていることといえます。このような流れをしっかりと頭の中に入れて、面接のときなどにさりげなくアピールをすれば、評価してくれる可能性も期待できます。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.