製紙メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 製紙メーカーへの転職

製紙メーカーへの転職

製紙メーカーとは板紙の製造を行っているメーカーのことです。もともとは木材から紙を作るということもあり、森林の多い地方で盛んでしたが、最近は都心でも製紙業が盛んになってきています。 日本の主な製紙メーカーは大王製紙、日本製紙、三菱製紙などです。ネット媒体がこれだけ修流になった現在でも紙の需要は依然として高く、今もっともアツい業界の一つと言えるかもしれません。

さて、製紙メーカーへの志望動機の書き方についてですが、まずは製紙メーカーの起業研究をよく行いましょう。一口に製紙メーカーと言ってもその業務内容は様々です。総合製紙業に分類されるところもあれば、家庭紙の製造がメインのところもあります。こうした企業研究を進めることが、志望動機を作るための第一歩となるでしょう。 ただ、製紙業界はあまり情報が多くないので、ネットだけで起業研究を行うというのは無理があります。なるべく会社説明会などにも積極的に参加し、必要な情報をどんどん手に入れるようにしましょう。

続いて製紙メーカーの年収についてです。平成24年の製紙メーカーの平均年収は562万円です。他の業界と比べてもそれほど変わりはなく、ごく平均的な給与であるといえるでしょう。 特に年収が高いのは、やはり大企業です。製紙業界で最も平均年収が高いのは日本製紙グループ本社で915万円です。以下王子ホールディングスが878万円、レンゴーが678万円で続いています。2位と3位の間に200万円の差があり、実質的に2強状態が続いているといえます。

最後に製紙業界の将来性について。環境負荷の軽減から紙媒体から電子媒体への移行が進んでいる昨今においても、紙の需要は決して少なくありません。海外でも紙の需要はありますが、最近はいろいろなデータが電子化したことにより、それを印刷保存しておくためむしろ以前より紙が増えたような印象すらあります。

ビジネスというものがあり続ける限りは紙の需要もあるので、将来性は決して悪くありません。ただしこれからのビジネスでは環境に悪影響を与えずに髪を作っていくことが求められるようになりますので、そうした技術の開発にも積極的に取り組む必要があります。

最近は古紙をリサイクルして新しい髪を作る技術も発達しており、世の中に流通している紙の60%以上はリサイクル紙となっています。こうした技術を開発し、生かしていくことがこれからの製紙業界に求められます。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.