医薬品メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 医薬品メーカーへの転職

医薬品メーカーへの転職

医薬品メーカーとは、その名の通り医薬品の製造販売会社のことを指します。武田薬品工業、大正製薬、第一三共、太田胃酸、内が医薬品などが一般消費者にも広く知られています。 医薬品業界の志望動機の考え方ですが、まずは医薬品業界を取り巻く環境を見てみましょう。現在の医薬品業界は臨床開発の難航などから、新薬の開発はなかなか進まないというのが現状です。

そんな中でもめげずに新薬の開発に取り組む製薬会社は少なくありません。たとえば、アステラス製薬は精神・神経疾患の医薬品を重点的に研究開発しています。重点を置いている分野は企業ごとによって変わってきますので、志望動機を考える前にまずは各企業の分析を行うようにしましょう。

さて、志望動機が考え終わったら自己PRを作らなければなりません。自己PRのポイントは、珍しさではなくその企業にどれだけ貢献できるかという視点から作ることです。どんなに珍しくて立派な経歴も、その企業の業務と関係なければ意味がありません。エピソードは必ず、その企業が求める人材にあったものを選びましょう。

また、困難に直面した際にはどのような行動をとったかについてもしっかりとアピールしましょう。予想と違ったことが起きた際にあなたがそれをしっかりと乗り越えられるかを伝えてください。 さて、次に医薬品メーカーの年収を見てみましょう。業界全体で見た場合、30歳での平均年収は551万円です。分布をみた場合は500万〜600万が最も多く、次いで400万〜500万、600万〜700万がそれに続くといった感じになっています。

中小企業と大企業では当然大企業の方が年収も高めです。たとえば、アステラス製薬の年収ランキングは41企業中2位、エーザイは3位、武田薬品工業は1位と、有名どころはいずれも上位に来ています。

最後に医薬品業界の将来性について。これから少子高齢化が進む日本では、医療・医薬品業界が社会に対して担う役割というのはさらに増していくと考えられます。高齢化が進むということはそれだけ医薬品に対する需要がアップするということでもあり、長期的に見れば医薬品市場は拡大するとみて間違いないでしょう。

また、医薬品業界は景気に左右されにくい業界であるため、安定度も高く転職先として非常に人気があります。人気があるということは競争率が高いということでもありますので、しっかりと志望動機を練る必要があります。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.