医療機器メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 医療機器メーカーへの転職

医療機器メーカーへの転職

日本国内のエレクトロニクス業界は近年業績不振の傾向が続いているために、工場閉鎖や事業縮小が相次いでいるのが現状です。これは中国や韓国などの技術的進歩による影響が大きく、つまり日本のエレクトロニクス業界は他の先進国に後れを取りつつあるという事なのです。そんな中で医療機器メーカーに焦点を合わせてみますと、実は新技術の開発は日進月歩の勢いで成長しています。これは平成15年ごろからの成長率を見るとはっきりしています。その後現在まで10年以上も右肩上がりの売上高を見せているのです。この傾向は高齢化社会が進む今後も同様で、法的な医療制度が充実している日本社会だからこその結果で、基本的に医療機器業界は景気に影響を受け難いのです。また高齢化を背景に予防医療の必要がアップし、より精度の高い診療関連機器のニーズが高まっています。こういった内需の拡大で一層の発展が見込めるのです。

そこで、これから医療機器メーカーへ転職を希望している方は、成功のポイントを把握して就活に臨むべきでしょう。一つ例を挙げますと、高周波回路のエンジニアの方が、通信機器メーカーの業績不振で転職活動を始めました。そこでターゲットにしたのが医療機器メーカーです。病院などの医療施設では患者を遠距離で監視できるシステムや各ハンディ計測器のデータ送受信のニーズがあります。つまり高周波のスキルが役にたって、良い条件で転職をする事ができたのです。

また映像音響機器でデジタル回路設計のエンジニアさんも医療機器の分野でキャリアを生かした転職をしていますし、各種SEプログラマーなどにも採用の道が開かれていると言えます。この様に医療機器メーカーへの転職の成功ポイントは、メカニック系・ハードウエア系・ソフトウエア系のどれかで専門的なスキルを発揮できる事と言えるでしょう。例え医療的な知識に精通していなくても、先の例の様に優遇されるという事も知っておきましょう。ただし、これまで取り組んだことのない技術へ積極的にチャレンジする精神は要求されるでしょう。

ですから、新しい医療機器を作るために積極的に貢献する意欲のある方は医療機器メーカーへの転職がおすすめです。もちろん、医療機器メーカーでは、求人においても人材要件が緩やかで、未経験者の方々にも広い間口をもって応募を行っているケースが多いのです。それは入社後の教育研修制度がしっかりしている事と自由な発想を生かした開発を優先している事が理由にあります。ですからキャリアよりは能力を高く評価する傾向が強く、新人の活躍のチャンスも開かれていると言えるでしょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.