住宅メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 住宅メーカーへの転職

住宅メーカーへの転職

日本国内において複数の都道府県、もしくは全国で展開する住宅建設メーカーを「住宅メーカー」といいます。日本の代表的な住宅メーカーには大和ハウス工業、旭化成ホームズ、一条工務店などがあります。住宅メーカーへの転職を考えるとなったら、まずは志望動機を作らなければなりません。

志望動機を考える際に重要なのが、なぜ数ある業界の中から住宅メーカーを選んだのかということ。わざわざ志望したということは、何らかの動機があるはずです。志望動機が特にないということはあり得ません。考え付かないという人は、まだ自分の気持ちに気が付いていないだけです。

志望動機にはこれといった正解はありません。人の数だけ志望動機があって当然ですし、本来は志望動機で優劣をつけるべきではないのかもしれませんが、面接は試験ですから志望動機に優劣をつける必要があります。では、面接で高評価をもらえる志望動機とはどのようなものなのでしょうか。

会社に貢献することをアピールした志望動機は、おおむね好ひょかをもらえることが多いです。もちろん、本当は人のために組織があるのであり、組織のために人が何をできるかを問うのは本末転倒ですが、転職の際にはそんな正論を吐いてばかりもいられません。あなたが住宅メーカーに、あるいはもっと広く住宅業界に何ができるのかを十分に考えるといいでしょう。

過去の経験から志望動機を作るというのも手です。新卒の場合はクラブや学業などがメインですが、転職組の場合は仕事の経験から志望動機を作るといいでしょう。あなたが今まで何に取り組み、どのような結果を残してきたのかを伝えれば、面接官はあなたの人となりを理解することが出来ます。

続いて住宅メーカーの年収についてです。住宅メーカーの平成24年の年収は601万円です。ここ数年前まで下落基調にあったのですが、最近は再び持ち直しているようです。 最後に住宅メーカーの将来性について。日本はこれから急激に人口が減っていくため、市場全体の大きさは小さくなっていくことには疑いの余地はありません。しかし、その一方で今までにはなかった高性能住宅へのニーズが高まっていることもまた事実。

たとえば耐震性の高い住宅、エネルギー負荷が少ない住宅、気密性が高い住宅などは今まで少なかったものですが、今後需要は増加していくことでしょう。こうした需要にこたえていくことこそが、生き残りの生命線と言えるでしょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.