ゴムメーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> ゴムメーカーへの転職

ゴムメーカーへの転職

ガラスメーカーとは建築用のガラスなどを製造している会社のことです。現在は日本板硝子株式会社、旭硝子株式会社、セントラル硝子株式会社の3社が3大メーカーとして知られています。3大メーカー以外にも日本電気硝子、HOYA等の有力なメーカーがあります。

ガラスメーカーはメーカーですから、転職の際には当然メーカーであることを重視して志望動機を考える必要があります。 志望動機の考え方についてですが、まずは「なぜその業界(ガラスメーカー)」でなければいけないのかを考えましょう。数あるメーカーのうち、ガラスメーカーでしかできない仕事はなんですか?たとえば、ただ「モノづくりに携わりたい」という回答をすると「じゃあほかの業界のメーカーでもいいじゃない」と返されて終わりです。なぜガラスメーカーでなければいけないのか、もう一度考えてきましょう。

それが終わったら次に「なぜその会社でなければいけないのか」を考えましょう。一口にガラスメーカーと言ってもその事業内容は千差万別です。たとえば、日本板らガスは家庭向け、商業建築向けなどのガラスのほかに、通信・情報機器向けのガラスを多数取り扱っています。 一方、旭硝子の取り扱いは建築材料・自動車向けのガラス製造が中心です。どの企業にもそれぞれ強みと弱みがあります。その強みと弱みを良く分析することは、志望動機を考えるための第一歩といえます。

さて、気になるガラスメーカーの年収ですが、実はガラス業界は他の業界と比較した場合、年収は割と高めです。たとえば、国内トップの旭硝子の年収は最新データによれば約800万円。それに日本電気硝子が760万円、日本板硝子が726万円で続いています。

いずれのガラスメーカーも業界内では有名な大手企業であり、そういった企業の年収が高いのは当然といえますが、ガラスメーカーの場合は中小企業でも比較的年収が高めです。平成24年のすべてのガラスメーカーの平均年収は約580万円となっています。

平成24年の景況感などを考えると、これは相当高い数字であるといってもいいのではないでしょうか。ガラスの需要は自動車や建築などの需要に影響されるため、比較的景気の影響を受けやすいのですが、これから景気が上向いて来れば年収ももっと増えていくはずです。幸い、2020年の東京オリンピックに向けて今後建築需要は増えていきますから、年収アップも期待できます。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.