電機メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 電機メーカーへの転職

電機メーカーへの転職

リーマンショックが起きたとき、電機メーカー業界は大きな落ち込みを経験しました。リーマンショックで世界的な大不況が起こり、消費者の買い控えが発生したことが電機メーカーの業績に大きな影を落としたからです。しかしその後政府が景気を刺激するための方策をいろいろと実施しました。その結果、電機メーカーではここにきて、回復傾向がみられるようになってきています。そこで電機メーカーに転職を希望する人を対象にした求人情報も、いろいろと出てきはじめています。電機メーカーの求人情報を見てみると、将来性を見据えた人材の募集をしている傾向があります。

転職希望者の現状を見てみると、30代の転職希望者が最も多いことがわかります。続いて40代の人材が転職の希望を出していることがわかります。30代と40代の転職希望者を合わせると、実に7割近くを占めるというデータがあります。このため、実務経験が3年未満で転職希望をする人材は少ないです。全体の1割程度しかなく、それなりの実務経験を持っている人が転職活動をしていることがわかります。業種に関しては、開発関係の業務経験のある人や生産関係の技術者、品質管理の業務をしてきた人が転職希望を出す傾向があります。

転職理由を見てみると、自分の事情による転職はあまり多くないようです。先ほども紹介したように、リーマンショックの結果、電機メーカーの業績が悪化しました。このため、会社都合の退職で転職の必要に迫られたケースが少なくありません。解雇やリストラ、会社の倒産によって転職することになったという人があるアンケートでは最も多くなりました。しかも2位も、勤務先の将来に不安を感じて転職活動をするというケースでした。つまり自分の事情ではなく、社会情勢や会社の事情が関係して転職を希望する人が多いようです。

電機メーカーの求人情報を見てみると、やはりほかの業界と同様で、優秀な人材を求める傾向があります。しかし電機メーカーの傾向を見てみると、優秀な人材は高く評価される傾向があります。このため、優秀な人材は会社を飛び出して転職に踏み切らない人が多いです。このため、電機メーカーは希望する人材をより細かく設定すればするほど、該当する人材が急激に少なくなります。あまり詳しく応募資格を設定していない求人情報が多いのはそのためです。転職エージェントなども利用して、自分に適した職場はどこか、キャリアコンサルントと相談しながら探してみるといいでしょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.