飲料メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 飲料メーカーへの転職

飲料メーカーへの転職

飲料メーカーにおける転職傾向としては、求人数は増加傾向にあるといわれています。最近ではいろいろな業界で再編が進められています。その結果、いろいろな企業が合併をして、新会社が設立される傾向がるからです。しかし飲料メーカーを見てみると、それほど合併や買収が行われていません。そのため、企業数が多いので、それぞれが求人を出している分、募集件数が多いといえます。飲料メーカーの求人を考えたときに、2つのキーワードがあるといわれています。それはビールと清涼飲料です。

ビールに関しては、第3のビールと呼ばれる商品が好調です。第3のビールのいいところは、リーズナブルな価格で提供されているところにあります。仕事帰りにスーパーやコンビニなどに立ち寄った時に、気軽に購入できます。そして自宅で一杯という人を中心として、高い人気があります。第3のビールの販売業績の好調なところでは、活発に人材を募集する傾向があります。清涼飲料水を取り扱っている飲料メーカーも堅調な業績を維持しています。最近では一般の間でも、健康志向が強まってきています。そこで特に、カロリーオフや糖質オフの清涼飲料水に対してのニーズが高まってきています。このような商品に力を入れていて、業績の好調なメーカーにターゲットを絞って転職活動をしてみるのはいかがでしょうか?

またこれから飲料メーカーに転職をする場合には、語学力がますます要求される可能性があります。というのも、日本は少子高齢化が今後ますます進むのではないかといわれているからです。飲料メーカーは、人口が少なくなれば、おのずとマーケットの縮小してしまいます。商品開発を工夫すれば、まだまだ売り上げも期待できるかもしれません。しかし少なくても、現在の市場規模から急速に拡大は見込めません。しかしこれは、あくまでも日本国内における話です。海外に目を向ければ、まだまだマーケットの拡大しそうな国はたくさんあります。

そこで、海外に本格的に進出する飲料メーカーも増えてくるのではないかとみられています。もし語学力に自信があれば、そのことをアピールしてみましょう。もし海外への進出を検討している飲料メーカーであれば、その足掛かりとして即戦力になるあなたを求めるところも出てくるかもしれません。飲料メーカー業界も、これからは海外進出のような大きな変化が求められる可能性もあります。このような事態を想定して、どのような転職活動をするかが重要なポイントになります。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.