建設メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 建設メーカーへの転職

建設メーカーへの転職

建設業界へ転職したいと思ったら、まずは志望動機を考えるところから始めてみましょう。 まずはなぜ建設業界を希望するのかについて考えてみましょう。建設業界はこの10年余りずっと低空飛行が続いていました。将来のいとおしも決して明るいとは言えません。そんな業界に自ら飛び込むわけですから、並々ならぬ決意があるのだと思います。その決意はしっかりと相手に伝えなければいけません。

また、建設業界の志望動機だけでなく、個々の建設会社への志望動機も考える必要があります。たとえば、大手建設会社の清水建設は地下工事に強いといわれています。一方、大成建設はショッピングモールなどの大型商業施設の建設に強いといわれています。こうした企業ごとの強みを理解することは、志望動機を考えるための第一歩だと言ってもいいでしょう。

さて、続いて建設業界の年収についてです。 建設業界の平成24年の平均年収は620万円でした。他の業種と比べても高めですが、その額はやや減少基調にあります。年収のトップ3は大東建託(948万円)、大林組(885万円)、鹿島建設(874万円)となっています。いずれも一般消費者でも名前を知っているような大企業です。

また、30歳での平均年収を見た場合、そのトップ3は大東建託(652万円)、日揮(643万円)、千代田化工建設(635万円)となっています。建設企業はこのように他の業界と比べて年収は高いので、転職先として非常に人気があります。さて、続いて建設業界の将来展望についてです。 ここ10年余りずっと落ち目の状態が続いていたような感がある建築業界ですが、ここにきていくつか明るい兆しが見え始めています。

息も絶え絶えだった建築業界に息吹を吹き込んだのは東日本大震災による復興特需。多くの建物が損壊したことにより、建物の需要が大きくアップしました。 さらに2020年には東京オリンピックが開催されることも決定し、2016年ごろにはそれによる特需の影響が大きく生まれます。

ただしこうした特需の影響を除けば、建設業が斜陽産業であることには変わりありません。インフラもおおむね整い、新たな建築の需要が望めない現況は、建設業界にとっては苦境であるといえます。 最近はインフラの老朽化による更新作業も頻繁に行われるようになっていますので、このあたりに勝機を見出さない限り、生き残りは厳しいといわざるを得ないでしょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.