菓子メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 菓子メーカーへの転職

菓子メーカーへの転職

日本国内の菓子業界は1兆円とも2兆円とも言われ、この菓子業界で働いている総労働者数は2万人前後と類推されています。カルビーや不二家の様に大手のお菓子メーカーもあれば、街の馴染のケーキ屋さんや和菓子屋さんといった個人経営レベルのお菓子屋さんまで、その職場は実に多いものです。そういった職場で活躍する方の多くはお菓子職人との自負があり、お菓子を作るのが大好きな人ばかりだと言えるでしょう。そのため、一般的に長く働くケースが多く、離職率も低い業界なのです。そんな菓子メーカーの職人さんの平均年齢は2016年度データでは40歳前後、年収の平均は500万円を超えると言います。同年度のサラリーマンの平均年収が400万円を少し超える程度ですから、かなり安定した収入が期待できるでしょう。

そこで菓子メーカーへの転職状況をチェックしますと、海外進出を果たしているような大手メーカーの場合、中途採用の職人さん枠が少ないと言えるかもしれません。また規模の小さな職場は単発に随時募集が掛かる形ですので、的確に求人を捉えるのが難しいでしょう。ただし営業や事務職としては随時求人が出ています。お菓子の専門職ではありませんが、お菓子に対する知識やスキルのある方は優先的に採用されます。また菓子メーカーは地方に本社や工場を構えている場合が多く、規模は中小規模になりますがローカル地域内での職場確保が可能です。大手のメーカーに比べると収入面で多少の見劣りがありますが、腰を落ち着けてじっくりとおかし造りに専念したい方にはメリットが大きいでしょう。

近年のお菓子メーカーは、規模の大小を問わずに海外出荷のルートを模索する傾向にあり、また日本の優れたお菓子文化が世界的にも注目を受けているといった現状も追い風になっています。そういった意味で、今後も地道に成長を遂げる可能性のある業界だと言えるでしょう。そこで、これからお菓子メーカーへ転職を考えている方は、グローバルな市場で活躍ができる様に知識と語学力を高めておく様におすすめします。先にも言いました通り、この業界の正社員採用枠はそれ程たくさんある訳ではないので、どちらかといえば激戦区になりがちです。特に職人として活躍を望むのであれば、それなりのスキルや資格は持っておく方が良いでしょう。また営業や製造工場などのエンジニア、事務仕事に就くにしても、お菓子に対する知識を深めるべきです。そして、新しいお菓子造りに何らかの形で貢献したいと望む熱意などがあれば採用される確率は高まるでしょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.