化学メーカーへの転職

メーカー転職TOP >> メーカーの種類別の転職 >> 化学メーカーへの転職

化学メーカーへの転職

化学メーカーの求人情報を見てみると、ここ最近注目されている案件があります。それは、エンジニア関係の求人が多く募集される傾向が強まっている点です。これはなぜかというと、シェールガス革命の影響ではないかといわれています。シェールガスは、メディアでも取り上げられることが多くなっているので聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?これまでは、汎用性樹脂として、ポリエチレンやポリプロピレンといったものが使われていました。これらはいずれもナフサと呼ばれる石油を生成した物質をベースにして、製造されていました。ところが皆さんもご存じのように、石油が近い将来枯渇するのではないかといわれています。そこで、石油に代わる原料として、シェールガスが注目を集めるようになってきているわけです。

シェールガスとは、シェールと呼ばれる地中にある岩から採掘されるガスをさします。天然ガスの一種で、水圧で岩盤に穴をあけることで採取します。これまでにもシェールガスの存在は専門家の間では認知されていました。しかし採掘するにしても、採算が取れないということで実用化ができないでいました。ところが技術革新が進められたことで、大量に採取することも可能になりました。その結果、シェールガスの採掘をしても採算が取れるようになり、今後本格的に採取が進められるのではないかとみられています。おそらく将来的には、シェールガスを使ってエチレンに転換するような生産システムも確立されるのではないでしょうか?そうなれば、化学系のエンジニアが化学メーカーでは必要になってくるとみられています。

シェールガスに対して積極的に投資している化学メーカーの場合、海外に目を向けている可能性が高いです。というのも、国内でシェールガスが採取できるところはあまりないとみられているからです。このため、海外でエンジニアは活躍しないといけなくなる可能性は高いとみられています。そこで、英語力がある程度必要になってくると思っておいてください。またシェールガスは、これからの産業です。そこでプラントなどから作り上げていく必要があります。化学系エンジニアはもちろんのこと、機械や電機、建築や土木の専門家も今後必要になってくるのではないかとみられています。またシェールガスを使って、今後は製品開発も必要になります。そこで、化学メーカーでは今後商品開発に携わるような研究職のスタッフの募集も多くなるのではないかと見込まれています。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.