メーカーのWEB系職種へ転職

メーカー転職TOP >> 職種別のメーカー転職 >> メーカーのWEB系職種へ転職

メーカーのWEB系職種へ転職

最近ではWeb系メーカーの技術者を目指して、他業種からの転職者が目立つ様になりました。それはWeb系メーカーの開発者の慢性的な人材不足が原因にあります。また人材育成環境がかなり整ってきている現状も後押しをしています。

もちろんWebビジネスの成長も著しく、社会的貢献が大きくなっているために、高収入が望める職場として魅力が高まっている事があるでしょう。そういった状況下で、優れたエンジニアは大企業やベンチャー立ち上げのスタートアップに就職してしまうので、他のメーカー企業は人材確保に苦労をしています。またビジネスと人材育成とを連動させていく職場が増えている事も追い風になっているでしょう。

そこでWeb系メーカーへの転職をする場合にポイントになるのが、Web系とSI系のスキルや開発スタイルなど、作業環境が違うという事です。Web業界は進歩が速く、かつ個人の能力に頼る事が多い業種ですので、日ごろから幅広い技術に親しんでおく必要があります。また情報感度を鋭くして、広範囲にアンテナを張る好奇心も必要でしょう。その点で巨大なシステムを、細分化された業務形態によって構築するSI系でのスキルでは、Web系メーカーでの適用が難しいのです。またWeb系エンジニアの仕事は、アミューズメント性の高いサービスの提供をするために、単にスキルの高い人材というだけでは魅力に欠けるかもしれません。そういった点を考慮して、自分自身がこの業界に向いているかどうかを判断すると良いでしょう。

この様にIT系とは言っても特別な仕事内容であるために、他業種からの転職者は事前のチェックと準備が必要となるでしょう。できればITやWebのセミナーや勉強会へ行くべきですし、Web業界のエンジニアからいろいろと具体的な話を聞く機会を作るのも得策でしょう。そうすることで、転職後に自分がやるべき事、自分で手掛けてみたい物などを知る事ができるかもしれませんし、自己の転職へのモチベーションを高めていく事もできるはずです。

ただし、華やかな業界であると同時に、成功者と否成功者の区分が付きやすい職場でもありますから、比較的に離職率が高い傾向があります。夢を持って飛び込んだのは良いが、実力が及ばなかったりハードな職場である事に耐えられなくなったりと、モチベーションが維持できないケースが多々見られます。そういったリスクも踏まえた上で事前の準備は徹底して行い、後悔しない職場選びを心掛けてみてください。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.