メーカーの研究職へ転職

メーカー転職TOP >> 職種別のメーカー転職 >> メーカーの研究職へ転職

メーカーの研究職へ転職

自動車産業を始め、食品メーカーや化粧品メーカーに各素材メーカー等々、基本的に生産・製造メーカーでは技術開発を伴う研究開発を行っているものです。より安全で能力の高い商品をより低価格で提供できるように昼夜を問わぬ研究がなされています。

これが物造り日本のベースを支えているといっても過言ではありません。この重要なポストを担うのが研究職の方々で、メーカー社員の花形とも言えるポジションとなっています。ただし、産みの苦しみがあまりにも大きいために、そのプレッシャーに耐えきらずにリタイヤする場合もあって、そこにひとつの転職のチャンスが発生します。もちろん定年退職や事業拡大で求人を掛ける事もありますので、狭き門ではありますが研究職への転職は有効です。

メーカーにおける研究職としての役割は応用研究の分野になります。基礎研究は大学などの研究機関が行う、仮説や理論を裏付けるための研究を意味しますが、メーカーではむしろ基礎研究で得られた結果を利用して、それを製品として開発する事が役目となるのです。つまり実験を行ってはデータを収集し分析する、失敗しても何度も繰り返し検証を重ねていくといった、とても根気の必要な職場だという事です。そこで研究職への転職は難しいと言われていますが、その理由には、まず求人数自体が少ないという事があります。

研究職に就く方は、基本的に他の世界では生きていくのが難しい方が多く、研究の魅力から退職をするケースも少ないからです。そして特別に専門性が高いので、採用する人材の資質を厳選しています。つまり、有名な研究機関の推薦や名のある研究者の紹介が有利になるのです。ですから一般公募で応募しても、そう簡単には採用されないのが現状でしょう。

そこで研究職の転職希望者に求められる資質は、その分野における経験者か研究者である事です。メーカーとしては即戦力になる研究のエキスパートを求めているので、最低でも大学や大学院で専門分野を研究してきた方を優先するでしょう。そして前職が研究職か商品開発部のエンジニアなどである事も有効です。この様に条件が厳しい転職となりますので、求人の選択は慎重に行いましょう。そして狙いを付けた求人には徹底した下調べを行って、自分にそのスキルや適性があるかどうかを見極める必要もあります。ですから現在の仕事はやめないで続けながら就活をすべきです。焦らずに時間をかけて転職活動を進める様にしましょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.