メーカーの人事へ転職

メーカー転職TOP >> 職種別のメーカー転職 >> メーカーの人事へ転職

メーカーの人事へ転職

人事をはじめとして、メーカーには管理部門関係の求人情報が掲載されていることもあります。メーカーの人事部門の求人は、ここ数年採用が見送られる傾向がありました。なぜかというと2008年に発生したリーマンショックが関係しているといわれています。リーマンショックの影響で、世界的な不況の状態がしばらく続きました。ジャンル問わず多くのメーカーの業績が、急激な落ち込みを見せました。

このため、人件費コストの抑制のために、極力採用を減らす方向に出てきたことが影響しています。しかしここにきて、リーマンショックの影が払しょくされつつあります。また景気持ち直しの兆しを見せていることもあって、大手メーカーを中心にして、採用を再び活発にしてきている傾向があります。

大手メーカーを見てみると、グローバル展開を見据えた人事の求人を行っているようです。グローバル社会を見据えて、能力開発や評価制度の構築を目指すような求人が今後は増加してくるのではないかとみられています。また人事は管理部門なので、組織の制度改革をするための戦略を構築できるような人材が求められる傾向もあります。さらには、従業員のコンプライアンスの徹底や効率よく作業を進めるための制度構築ができるような人材も求められる傾向があります。会社の経営をしていると、いろいろな課題や問題が発生するものです。このような課題や問題を解決できるような能力を持った人材であることを、人事のメーカー転職を検討している人はアピールする必要があります。

グローバル社会に対応した人材と、先ほど紹介しました。人事は一見すると、海外の部門とはあまり関係ないのではないかと思っている人もいるかもしれません。しかしこれからの時代は、人事であっても、ワールドワイドな視点を持っている人材が必要とされる可能性は高いです。メーカーの人事の求人情報を見てみると、英語力があるとなお歓迎としているような案件も結構多いです。英語力に自信を持っている人は、TOEICなどを受験してみるといいでしょう。TOEICのスコアがあれば、それは転職活動するにあたって、有力な武器になりえます。

人事の評価は、なかなか分かりにくいところがあります。このため、転職するにしてもどこをアピールポイントにすればいいのかわからないという人もいるでしょう。そこで転職エージェントを活用して、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けるのが最も確実なやり方ではないでしょうか?

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.