メーカーの財務・経理へ転職

メーカー転職TOP >> 職種別のメーカー転職 >> メーカーの財務・経理へ転職

メーカーの財務・経理へ転職

ここ数年は、世界的な不景気の状況でどのメーカーでも採用を控える傾向がありました。しかしここにきて、景気への刺激策などが功を奏してきているようです。経済の状況や景気を示す指標を見てみても、回復状況にあります。そこで、メーカーの中では中途採用の枠を増やしているところもいろいろと出てきています。経理や財務の求人も、ここにきて徐々に出てき始めています。メーカー転職に興味を持っている人は、このタイミングで転職活動をすれば、比較的有利な条件で転職できる可能性も大いにあります。

経理や財務の求人は、メーカーの規模がどのような感じなのかによっても少しずつ状況が変わってくることがあります。上場企業の傾向を見てみると、大企業の場合には欠員を補充するために募集をすることはあまりないようです。一方で、現在保有している人材よりも高い能力を持っている人物であれば、随時採用するスタンスを取っているところが多いです。ですから、もし大企業へのメーカー転職を希望しているのであれば、財務や経理における実績をアピールする戦略を取りましょう。

ただし、選考基準のハードルは、かなり高いところに設定されていると思いましょう。中小の上場企業を見てみると、いろいろと開示情報を作成するためのスタッフを募集する傾向があります。人材不足に悩まされているところも少なくなく、経理や財務の担当をしてくれる人を対象にした求人情報もいろいろと出てきています。しかし即戦力となる人材を募集している傾向があることも、忘れないようにしましょう。たとえば、主計経理経験者を対象にして募集をしている案件が多いです。

非上場企業の求人に関しては、規模が小さければ小さいほど難しくなると思っておきましょう。特に経理のスタッフが5人以下で切り盛りしているところで、求人情報が出ることは少ないと思ってください。欠員が出たときに、補充するために求人情報が出ることはあります。しかし景気がはっきりと好転していると実感できる状況ではありません。このため、なかなか今の職場を離れるという決断がしにくくなっています。このため、欠員自体がなかなか出てこない傾向があります。

財務や経理の求人は、その時々の景気の状況の影響をもろに受ける傾向があります。このため、現在は堅調な求人動向であっても、また景気が冷え込めばパタッと求人が少なくなってしまうこともあります。景気動向を見極めて、メーカー転職の機をうかがうようにしましょう。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.