福利厚生充実のメーカー転職

メーカー転職TOP >> 条件別のメーカー転職 >> 福利厚生充実のメーカー転職

福利厚生充実のメーカー転職

日本のメーカー企業は、一般的に給与体系で年収額を控え目にしているケースが多々みられます。ですから、基礎給与のベースメントは他の業種と比べても地味なグループに入るでしょう。ですが、メーカー系の会社ではじっくりと長期で働いてもらうために福利厚生を手厚くして、それが隠れた収入となって実利を得るケースがあるのです。そこで転職を考えている方は、この福利厚生の内容を比較検討する様におすすめします。そうする事で雇用条件に謳われている収入面の捉え方も変わってくるのです。それは日本独特の企業文化が関係しています。日本はもともと終身雇用制と言われるぐらいに、社員の生活面を積極的にサポートする傾向があります。それは日本の伝統企業である、ものつくりの職場では顕著に表れています。つまりメーカー系の会社は社員をとても大事にするのです。これはサービス業界などとはかなり異なる性質です。要するに社員の給与以外に、生活面でプラスとなる補助を行うのです。

この福利厚生は最近グローバル社会化の流れで希薄になりつつあります。アメリカ型の契約社会へ移行しつつある企業は福利厚生を小さくして、その分給与に転嫁する傾向が見られるのです。しかし、こだわりの物造りを追求する企業では、社員は家族と同等との見方が未だに根強くあるために、福利厚生には積極的な取り組みが見られます。その具体的な内容を挙げますと、いわゆるホワイト企業では、家族手当の厚さや住宅費補助の充実が見られます。扶養家族一人に対し2万円以上を出すところもあり、少子化対策へ貢献するメーカーも少なくありません。そして住宅手当を厚くして、マイホームローンの補助をしたり、他県からの引っ越し組をサポートしたりしています。その他にもリゾート施設を用意したり、有意義な休憩が取れる様にカフェテリアプランを採用したり、英会話や資格取得のためのレッスン費用を補助する自己啓発費用、子育て費用や介護費用などなど、どのタイプの家族にもメリットのある形を模索して、各メーカーが独自の福利厚生プランを提供しているのです。

ただし、最近では退職金に関する福利厚生を控える会社も目立ってきています。現在日本では老後の資金確保が当面の問題としてあります。ですから、メーカー系企業へ転職をしたいと考えている方は給与面だけでなく、福利厚生の価値をマネー換算して比較検討する様にしてみましょう。また福利厚生の厚いメーカーはそれだけ職場環境が整っている場合が多く、働きやすさでの差を計る点でも役に立ちます。また詳しい情報はネットでも調べる事ができますので、徹底した情報収集を心がける様におすすめします。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.