海外に携わるメーカー転職

メーカー転職TOP >> 条件別のメーカー転職 >> 海外に携わるメーカー転職

海外に携わるメーカー転職

日本のメーカーの中には、海外のメーカーとの競争で苦戦を強いられているケースも多いといわれています。たとえば、家電メーカーでは国内メーカーの苦戦が伝えられています。海外、特に中国や韓国のメーカーは必要最低限の機能に抑えて、価格を安くすることでアピールをしています。その結果、国内メーカーのいろいろと機能は付いているけれども高いものよりも人気が集中する傾向があります。アジア系のメーカーは、ほかのジャンルでも躍進が目覚ましいといわれています。そこでこのような海外企業が、日本人の転職希望者を募集する傾向もあります。

たとえば、日系のメーカーの中には海外に進出しているところも多いです。しかし中には上で紹介したような感じで、苦戦を強いられているケースもあります。そうすると対策として、日系メーカーの中には、経営の合理化を進めるところも出てきます。その結果、工場にいる日本人技術者を海外のメーカーが引き抜くというケースも増えてきているといわれています。その他にも中国や韓国系のメーカーの中には、日本に法人を置いているところも多いです。

このような日本法人で働いてくれる日本人スタッフを広く募集しているところも出てきています。日本法人のスタッフの募集要項を見てみると、技術者以外のスタッフの募集もいろいろと行われています。海外で仕事をしてみたいと思っている人もいるでしょう。その場合には、特にこれからの時代、アジア系のメーカー転職を検討してみるのはいかがでしょうか?アジアの中には、まだまだ今後成長する可能性を秘めたメーカーもいろいろとあります。そのようなメーカーに転職できれば、収入もアップする可能性が十分に期待できます。

ところで昨今の世界情勢を見てみると、日本と中国・韓国との関係は決して順調ではありません。しかも国民感情もお互いにかなり悪化しているといわれています。中国や韓国系の企業に転職することで、肩身の狭い思いをするのではないかと思っている人もいるかもしれません。しかし実際に中国や韓国系の企業で働いている人の話を聞いてみると、それほど問題なく働けている人が多いようです。もし海外に携われるようなメーカー転職を検討しているのであれば、外資系に強い転職エージェントを利用することです。

キャリアコンサルタントも事情に精通している人が多いので、現状に即した転職の方法などをアドバイスしてくれるはずです。無料で利用できるので、気軽に登録できるはずです。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.