外資系のメーカー転職

メーカー転職TOP >> 条件別のメーカー転職 >> 外資系のメーカー転職

外資系のメーカー転職

外資系メーカーも、いろいろとあります。外資系メーカーへの転職を希望する場合には、少し国内企業と転職事情が異なることを認識しましょう。国内企業の中途採用の場合、最終的には面接をしてみて採用の合否を判断することが多いです。ところが外資系企業を見てみると、書類選考の方を重視する傾向があります。面接で書類に書かれていることを詳しく話すというよりも、いかにして書類で自分の経歴を伝えられるかが重要になります。国内メーカーを応募するときも、もちろん書類を丁寧に作成することは重要です。しかし外資系メーカーの場合、それ以上に書類の作成は丹念に行うことが要求されます。

職務経歴書を作成する場合には、今まで自分がどのような業界に所属していたのかというところから説明していきましょう。その上で、どのような職種で仕事をしてきたのか、その中でもどのジャンルを専門的に担当していたのかをしっかりと書くことです。また外資系メーカーの場合、日本語だけでなく英語による書類の提出が必要になります。日本語の場合、中途採用の場合には履歴書と職務経歴書を両方作成する必要があります。しかし英語の場合、一つで職務経歴書と履歴書に書くべき内容をすべてフォローする必要があると思ってください。

国内企業の場合、会社の意向で部署が変わることもあります。しかし外資系メーカーの場合、人事異動でいきなり知らない部門に配置されることはまずないと思ってください。それぞれの部門のプロということで採用されるのが一般的です。そこで、その部門を簡単に変えられるというリスクはまずないといっていいでしょう。逆に言えば、求人情報をチェックするときに、自分の働きたい仕事内容であるかどうかを慎重にチェックする必要があります。たとえば、メーカー求人では営業の募集はかなり多く出ています。しかし営業といっても、いろいろな業務内容の求人情報が出ています。自分のイメージしている業務内容になっているかどうか、きちんと確認をする必要があると思ってください。

外資系メーカーでは、あまり中途採用者を公募することは少ないといわれています。知り合いの紹介とかヘッドハンティングで採用するケースが多いのが現状です。自分で求人サイトなどを使って情報収集すると、少し苦戦する可能性があります。そこで、転職エージェントを利用してみるのはいかがでしょうか?転職エージェントであれば、外資系の求人でもキャリアコンサルタントが紹介してくれる可能性があります。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.