50代歓迎のメーカー転職

メーカー転職TOP >> 条件別のメーカー転職 >> 50代歓迎のメーカー転職

50代歓迎のメーカー転職

転職も50歳ともなれば思う様にはいかなくなるものです。ちょっとしたアルバイトやパートタイムならいざ知らず、ちゃんとしたメーカーへ再就職をする場合はハードルが高いと思わなければなりません。ただし、メーカー内での転職に限定するならば成功率はちょっと上がってくるでしょう。一つ例を挙げますと、大手の商品開発部で働いていた56歳の方が少しトーンダウンした職場を求めて、他メーカーの品質管理職への転職した例があります。

職種は化粧品から食品メーカーへの転向で、ちょっと畑違いの感じはしますが、どちらも人体への安全性が重視される業界ですので、品質管理をする上でのノウハウは十分に持っていると判断されました。この様に上手な転職を成し遂げた例はいくつもあるのです。ポイントは専門的な知識やスキルに長けている事、必要とされる資格・技術を習得している事です。なにせ50代の再就職ですので、中途半端なポジションを与えられる訳がありません。つまりピンポイントで即戦力となるケースでのみ、有効な転職ができるのです。

また大手食品メーカーから中小の食品加工会社へ転職した例もあります。こちらも55歳の男性の例で、30年以上も商品企画部で活躍し、それなりのヒット商品を世に出した実績が買われての転職でした。もちろん転職先は他の食品メーカーの生産管理部です。そこは小規模の会社で、コンサル的に新製品の開発に携わったり、既存の商品の販売戦略にも貢献したりする形を取っているとの事でした。つまり50代の専門職を経験してきた人材であれば、その力を必要とされるケースがあるという事です。

また50代女性のキャリア転職の例もあります。転職のきっかけは前職の会社の不況で、リストラを受ける前の見切り転職だったそうです。そこで日用雑貨メーカーの商品企画で培ったスキルを活かし、同種のメーカーの求人に応募したのだそうです。職場では第一線という訳にはいきませんでしたが、それでも企画部の職場を得たとあります。この様に、転職先に関してはかなり制限をされる事にありますが、それでも物造りの現場へ転職できるならば、定年までの職場を確保する事は可能なのです。そこで、確実に転職を決めるためには、日頃からの情報収集を徹底する事に限ります。一般の求人情報だけでなく、その他の情報源もしっかりと利用して、絶えずアンテナを張っておくべきでしょう。そして、焦らずに着々と就活を進めていきましょう。石橋を叩いて渡るぐらいの気持ちが望ましいかもしれません。

どんなメーカーでもお任せ!利用必須の転職エージェント比較!

リクルートエージェント
利用料金 無料
メーカー求人数 ★★★★★
転職可能エリア ※全国対応
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.